TEL
Logo Menu

\知って得する/
火災保険の仕組み

知っておきたい
火災保険の活用方法

火災保険というと火災のみ、と思われがちですが、台風、竜巻、突風、豪雨、大雪、落雷などの自然災害による破損は火災保険で修理が可能です。
申請できる修理の範囲も幅広く、家の内部・外壁・門・塀・カーポート・サイディング・屋根など、家の修繕のほとんどは保険が適用されます。
また、適用した後、保険料が上がるということはなく、原状回復後何回でも申請できます。

火災保険の注意事項

全ての修理に火災保険が適用できるかというと、注意が必要です。 風災保障はあくまで自然災害によるものですので、以下のような場合は適用されません。

・経年劣化による損傷
・地震による被害
・人的被害

また以前に保険が認められた箇所は、同じ理由での保険適用は認められませんので注意が必要です。 一度修繕後、新たな災害による損傷の場合は、認められますので、修繕工事を先送りしないことが肝要です。

火災保険の申請~審査について

火災保険の申請は、修繕工事見積もりをベースとして、保険会社から選任された鑑定人が見積り内容と現地確認を行うなど、厳正な審査があり、書類の準備も一苦労です。

当社サービスでは調査スタッフが、空撮データの解析、損傷個所の診断を行い、どこまでが保険の適用範囲になるのかをしっかりご説明します。その後、修繕費用見積もり、火災保険会社への申請を行います。また、保険会社との現地鑑定の際も、専門知識を持ったスタッフが立会いますので安心です!

TOP

Copyright (C) 2018 sprouter All rights reserved.